カテゴリー「新西国三十三所巡礼」の投稿

2023年12月23日 (土曜日)

大掃除 第一弾

413839116_6953282298081540_8982237505652

大掃除第一弾は、照明器具の掃除です。

| | コメント (0)

2023年12月 9日 (土曜日)

新西国三十三所 第十九番札所 鞍馬山 鞍馬寺(くらまでら)

01img_2312

鞍馬寺は鞍馬山と号し鞍馬弘教の総本山の寺院で、本尊は尊天(毘沙門天王・千手観世音菩薩・護法魔王尊)です。
寺に伝わる「鞍馬蓋寺縁起(あんばがいじえんぎ)」によると、鑑真の高弟・鑑禎が宝亀元年(770年)に草庵を結び、毘沙門天を安置したのが始まりと云われています。
行きは仁王門から本殿金堂までケーブルカーを利用しました。このケーブルカーは、鞍馬山鋼索鉄道という宗教法人鞍馬寺が運行している鉄道事業法による許可を受けた鉄道で、日本一短い鉄道路線です。
運賃は無料ですが、大人200円のご寄進が必要です。

02img_2313

03img_2314

04img_2310

05img_2320

06img_2322

07img_2321

08img_2324

09img_2328

10img_2329

11img_2330

12img_2331

13img_2332

14img_2333

15img_2334

16img_2335

17img_2337

18img_2338

19img_2339

20img_2343

21img_2345

22img_2346

23img_2349

24img_2350

25img_2351

26img_2352

27img_2355

28img_2358

29img_2359

30img_2360

31img_2362

32img_2363

33img_2364

34img_2365

35img_2366

36img_2368

37img_2370

38img_2371

39img_2372

40img_2373

41img_2374

42img_2375

43img_2376

44img_2377

45img_2380

46img_2384

47img_2386

48img_2392

49img_2393

50img_2394

51img_2395

52img_2396

53img_2397

54img_2399

55img_2400

56img_2404

57img_2405

58img_2406

59img_2407

60img_2410

61img_2411

62img_2412

63img_2413

64img_2414

65img_2415

66img_2419

67img_2420

68img_2421

69img_2424

70img_2427

71img_2428

72

| | コメント (0)

2023年10月22日 (日曜日)

新西国三十三所 第十五番札所 深草山 誓願寺(せいがんじ)

01img_1956

誓願寺は浄土宗西山深草派の総本山の寺院で、札所本尊は十一面観世音菩薩です。
天智天皇6年(667)、天皇の勅願により創建されました。もともとは奈良にあったのですが、鎌倉初期に京都の一条小川に移転しその後、天正19年(1591)に豊臣秀吉の寺町整備に際して現在の三条寺町の地に移されました。
現在の本尊である阿弥陀如来坐像は元々は石清水八幡宮にあり、八幡神の本地仏として安置されていました。神仏分離によって1869年(明治2年)に当寺に移されて本尊となりました。
新京極商店街に面した繁華街の中にあるお寺です。

02img_1957

03img_1958

04img_1959

05img_1960

06img_1962

07img_1963

08img_1964

09img_1965

10img_1966

11img_1967

12img_1968

13img_1969

14img_1971

15img_1973

16img_1974

17img_1976

18img_1977

19img_1978

20img_1979

21img_1980

22img_1981

23img_1982

24img_1983

25img_1984

26_20231022132101

| | コメント (0)

2023年8月19日 (土曜日)

新西国三十三所 第六番札所 高野山 宝亀院(ほうきいん)

01img_1192

宝亀院は高野山真言宗の別格本山の寺院で、ご本尊は十一面観世音菩薩です。
空海がなくなったのち86年が経ったある日、醍醐天皇の夢枕に空海が立って「高野山 むすぶ庵に 袖朽ちて 苔の下にぞ 有明の月」という和歌を呼んで消えて行ったと云う言い伝えがあり、その姿があまりにもみすぼらしかったため、空海の神力と高野山への信仰が落ちてきていることを感じたそうです。
そこで、醍醐天皇は空海に「弘法大師」の大師号を送り、毎年空海の亡くなった3月21日には新しい衣を空海の霊廟へお供えするように観賢僧正に申し渡しました。
そこで宝亀院が開山されました。
建物は決して豪華ではありませんが、宿坊として宿泊も出来るそうです。

02img_1193

03img_1194

04img_1195

05img_1196

06img_1197

07img_1198

08_20230820144101

| | コメント (0)

2023年7月16日 (日曜日)

新西国三十三所 第七番札所 天野山 金剛寺(こんごうじ)

01img_0899

最近は単独行動が多いのですが、今日は久し振りに家内と2023年7月7日に「所さんの学校では教えてくれないそこんトコロ!」の「開かずの金庫を開けろ!」のコーナーで放送された金剛寺へお参りです。
金剛寺は天音山と号し真言宗御室派の大本山の寺院で、札所本尊は五仏堂の千手観音です。
境内の多宝塔は平安時代後期の建立で、日本最古の多宝塔で大阪府最古の木造建築物でもあります。
高野山が女人禁制だったのに対して女性も参詣ができたため、慈尊院・室生寺・女人堂と共に「女人高野」と呼ばれています。

02img_0901

03img_0903

04img_0905

05img_0906

06img_0907

07img_0908

08img_0909

09img_0910

10img_0912

11img_0913

12img_0914

13img_0915

14img_0916

15img_0918

16img_0919

17img_0920

18img_0922

19img_0923

20img_0924

21img_0925

22img_0926

23img_0927

24img_0928

25img_0929

26img_0931

27img_0932

28img_0933

29img_0934

30img_0935

31img_0936

32img_0937 33img_0938

34img_0939

35img_0941

36img_0942

37img_0943

38img_0944

39img_0945

40img_0946

41img_0948

42img_0949

43img_0951

44img_0952

45img_0953

46img_0954

47img_0955

48img_0956

49img_0957

50img_0958

51img_0959

52img_0961

53img_0963

54img_0964

55img_0966

56img_0967

57img_0969

58img_0970

59img_0971

60img_0972

61img_0973

62img_0975

63img_0978

64img_0979

65img_0980

66img_0981

67img_0982

68img_0983

69img_0985

70

| | コメント (0)

2023年1月 3日 (火曜日)

新西国三十三所 第五番札所 天音山 道成寺(どうじょうじ)

01img_9458

道成寺は天音山と号し天台宗の寺院で、ご本尊は千手観音です。
道成寺創建にまつわる「髪長姫伝説」(宮子姫伝記)や、能、歌舞伎、浄瑠璃の演目として名高い「安珍・清姫伝説」で知られるお寺です。
道成寺の初代の鐘は、平安時代に安珍と清姫の事件で焼かれ、二代目の金は、戦国時代に持ち去られ、今は京都市岩倉の妙満寺にあり、道成寺は釣鐘の無いお寺になりました。

02img_9459

03img_9460

04img_9462

05img_9463

06img_9465

07img_9468

08img_9470

09img_9472

10img_9473

11img_9474

12img_9475

13img_9476

14img_9477

15img_9478

16img_9479

17img_9481

18img_9482

19img_9484

21img_9485

22img_9486

23img_9487

24img_9489

25img_9490

26img_9493

27img_9494

28img_9496

29img_9497 30img_9500

31img_9501

32img_9502

33img_9504

34img_9508

35img_9509

36img_9510

37img_9511

38img_9513

39img_9514

40img_9515

41img_9520

42img_9521

43img_9523

44img_9524

45img_9525

46img_9467

47img_9471

48img_9483

49img_9499

50img_9505

51img_9506

52img_9507

53_20230103191001

| | コメント (0)

2022年9月14日 (水曜日)

新西国三十三所 第十七番札所 立願山 楊谷寺(ようこくじ)

01img_8464

楊谷寺は立願山と号し西山浄土宗の寺院で、ご本尊は十一面千手千眼観音です。
通称「柳谷観音」と呼ばれ、「独鈷水」の寺として、また近年は紫陽花の寺としても知られています。
前回訪れた時は、あじわいウォークなどのイベント期間を除き拝観料は無料でしたが、現在は通常期間500円、イベント期間は700円必要です。
また、駐車場も少し離れた第二駐車場は無料ですが、門前と第一駐車場は500円必要です。

02img_8465

03img_8466

04img_8467

05img_8468

06img_8469

07img_8470

08img_8471

09img_8472

10img_8476

11img_8477

12img_8478

132

| | コメント (0)

2022年9月12日 (月曜日)

新西国三十三所 客番札所 南山 安岡寺(あんこうじ)

01img_8453

安岡寺は南山と号し天台宗系単立の寺院で、ご本尊は如意輪観音です。
寺伝によれば、桓武天皇の兄で、光仁天皇の子である開成皇子がこの地に霊験を感じ、自ら観音像を彫り堂宇を建て、宝亀6年(775年)2月18日に創建したと伝えられています。
以前訪問した際はご住職に御朱印を書いていただきましたが、今回は若い女性の方に書いて頂きました。

02img_8452

03img_8454

04img_8457

05img_8456

06img_8458

07img_8449

08img_8451

09img_8459

10img_8460

11img_8461

12img_8446

13img_8447

142

| | コメント (0)

2022年8月 6日 (土曜日)

新西国三十三所 第十八番札所 比叡山 延暦寺(横川中堂)

01img_8274

延暦寺は比叡山と号し天台宗の総本山の寺院で、本尊は薬師如来です。
新西国三十三所の札所は横川中堂ですが、延暦寺に来たからには先ずは根本中堂へお参りです。
根本中堂は平成28年から10年かけて「平成の大改修」が行われています。工事現場は一部見学する事ができ貴重な体験が出来ました。

02img_8278

03img_8281

04img_8284

05img_8287

06img_8290

07img_8292

08img_8294

09img_8295

10img_8297

11img_8299

12img_8301

13img_8304

14img_8317

15img_8324

16img_8327

17img_8329

18img_8330

19img_8332

20img_8339

21img_8340

22img_8342

24_20220806191201

25_20220806191201

23_20220806191201

| | コメント (0)

2022年4月 3日 (日曜日)

新西国三十三所 第四番札所 龍谷山 水間寺

01img_7569

水間寺は龍谷山と号し天台宗の別格本山の寺院で、本尊は聖観世音菩薩です。
寺伝によると、天平年間(729年~749年)に聖武天皇の勅願により行基が開創したと云われています。中世より武家による手厚い保護を受けていましたが、羽柴秀吉による紀州征伐の際に根来寺に与したため、天正13年(1585年)に堀秀政の軍勢に攻められて焼失しましたが、その後元禄年間(1688年~1704年)に再建されました。
境内にある愛染堂は、愛染明王を祀るお堂で、祈る者には敬愛の徳を授け、縁を結び、福を与えると言われています。

02img_7570

03img_7571

04img_7572

05img_7576

06img_7579

07img_7583

08img_7584

09img_7586

10img_7587

11img_7590

12img_7591

13img_7592

14img_7594

15img_7595

16img_7599

17img_7602

18img_7603

19img_7604

20img_7608

21img_7609

22img_7613

23img_7619

24img_7620

25img_7623

26img_7629

27img_7631

28img_7665

29img_7680

30img_7666

31img_7668

32img_7669

33img_7671

34img_7674

35img_7675

36img_7677

37scn1648969370887_20220403162601

| | コメント (0)