カテゴリー「京都洛西観音霊場」の投稿

2019年10月10日 (木曜日)

京都洛西観音霊場 第十八番札所【朝日山 西圓寺】

01img_2486

西圓寺は朝日山と号し西山浄土宗に属し、札所本尊は十一面観世音菩薩です。
寺院のある久世築山町は南北朝以前に開拓された小さな農村集落で、かつては南北の川を境に「ひがしんじょ」と「にししんじょ」とに分かれており、西圓寺はその「にししんじょ」の中央に位置しました。 近くを流れる桂川が増水しても川底より高位置にあるため浸水することはありませんでしたが、文化5年(1808)の火災で記録文書は焼失したため、創建の詳細、変遷は不明です。
ご朱印は十七番札所の万福寺で頂けます。

02img_2482

03img_2484

04img_2485

05img_2488

06

| | コメント (0)

京都洛西観音霊場 第十七番札所【慈眼山 万福寺】

01img_2481

万福寺は慈眼山と号し西山浄土宗に属し、ご本尊は聖観世音菩薩です。
口伝によると、比叡山延暦寺の第三世慈覚大師円仁が当地巡錫の折、村人たちの親身な應待に報いるため、聖観音像を三礼一刀の儀軌に則り彫刻されたものを本尊として創建されました。
ご本尊の聖観世音菩薩は、過去この寺院が度々の火災に焼かれたにもかかわらず難を逃れたことから、「火除け観音」として信仰を集めています。
ご朱印を頂いている間に、堂内を撮影させていただきました。

02img_2470

03img_2480

04img_2473

05img_2471

06img_2472

07img_2477

08img_2478

09img_2474

10

| | コメント (0)

2019年9月28日 (土曜日)

京都洛西観音霊場 第十六番札所【星水山 泉福寺】

01img_2378

泉福寺は星水山と号し西山浄土宗に属し、ご本尊は不空羂索観世音菩薩です。
建立は延暦13年(794)とされ、 桓武天皇が遷幸の際、突然雷雨に見舞われ、あわてて松の木に逃げ込まれ、その激しい落雷の中、松の木の下で天皇は一心に観音経を唱えられ、 そのかいあって雷雨はやみ無事遷都できたといわれています。そのお礼にこの松の木で観音様を刻み、御堂を建立したのが始まりとされています。
残念ながらご住職が不在だった為、書置きのご朱印を頂きました。

02img_2377

03img_2380

04img_2379

05img_2383

06img_2381

07img_2382

99_20190928124201

| | コメント (0)

2019年9月 4日 (水曜日)

京都洛西観音霊場 第十五番札所 【補陀落山 観音寺】

01img_2280

観音寺は補陀落山と号し真言宗豊山派に属し、ご本尊は十一面観世音菩薩です。
養老6年(722)に西国三十三ヶ所観音霊場巡拝の開祖と呼ばれる徳道上人により開創されました。ご本尊の長谷型十一面観世音菩薩は秘仏の為、日頃は拝することが出来ません。
私と入れ違いにご住職が出て行かれた為、ご朱印は頂けませんでした。次回、近くのお寺にお参りに行った時に、再訪したいと思います。

02img_2281

03img_2282

04img_2285

05img_2283

06img_2284

07img_2287

08img_2288

09img_2290

10img_2291

15

| | コメント (0)

2019年8月12日 (月曜日)

京都洛西観音霊場 番外札所【法寿山 正法寺】

01img_2176

正法寺は法寿山と号し真言宗東寺派に属し、ご本尊は千手観音です。
754年(天平勝宝6年)、唐から日本へ渡来した智威大徳が修行した坊に始まるとされ、その後最澄がこの地に寺を建立したと伝えられ、弘仁年間(810年~824年)空海が入寺したといわれています。
応仁の乱で焼失しましたが、 元和元年、恵雲・微円の 両律師により再興され、西山のお大師さまとして古くから親しまれています。

02img_2177

03img_2178

04img_2179

05img_2184

06img_2185

07img_2183

08img_2182

09img_2181

10img_2187

11img_2189

12img_2194

13img_2195

14img_2196

15img_2206

16img_2205

17img_2207

18img_2197

 19img_2202

20img_2198

21img_2204

22img_2200

99_20190812131701

| | コメント (0)

2019年8月 5日 (月曜日)

京都洛西観音霊場 番外札所【浄土山 乗願寺】

01img_2175

乗願寺は浄土山と号し西山浄土宗に属し、札所本尊は十一面観音です。
寺院本尊は座高約2.8メートルの阿弥陀如来で、西山の大仏(にしやまのおおぼとけ)とも呼ばれ、京都府の指定文化財になっています。
また、右脇檀には札所本尊の十一面観音がまつられています。写真を撮影してもよいとの事で、ご朱印を頂いている間に撮影させていただきました。

02img_2154

03img_2155

04img_2158

05img_2168

06img_2159

07img_2160

08img_2161

09img_2167

10img_2163

11img_2162

12img_2170

13img_2172

14img_2173

15img_2171

99

| | コメント (0)

2019年7月21日 (日曜日)

京都洛西観音霊場 第十二番札所【延命山 卒台寺】

01img_1992

卒台寺は延命山と号し浄土宗に属し、ご本尊は十一面千手千眼観音菩薩です。
弘法大師が弘仁年間に開基したとされ、寺院本尊は平安の十世紀の作で左足立て膝で「衆生の苦を救う」延命地蔵尊です。
また、右脇檀には札所本尊の十一面千手施薬観音がまつられています。写真を撮影してもよいとの事で、ご朱印を頂いている間に撮影させていただきました。

02img_2005

03img_1993

04img_1994

05img_1995

06img_1996

07img_1997

08img_1999

09img_2000

10img_2002

11img_2003

12img_2004

12

| | コメント (0)

2019年7月11日 (木曜日)

京都洛西観音霊場 第十三番札所【大悲山 観音寺】

01img_1981

観音寺は大悲山と号し浄土宗に属し、ご本尊は十一面観世音菩薩です。
ご本尊の十一面観音菩薩座像は、後醍醐天皇の霊を慰めるため後村上天皇が僧・舜悟に命じて仏師・秀弁に作らせたものだそうです。山門の瓦は傷み境内の草木も伸び放題。ご朱印を頂こうと本堂のインターホンを鳴らしても応答がなかったので、電話をかけたところ転送電話でお寺の方に繋がり、今日は留守にしているのでご朱印は無理との事でした。またの機会に訪れたいと思います。

02img_1983

03img_1985

04img_1987

05img_1986

06img_1988

07img_1990

13

| | コメント (0)

2019年6月12日 (水曜日)

京都洛西観音霊場 第十四番札所【恵解山 勝龍寺】

01img_1751

勝龍寺は恵解山と号し真言宗に属し、ご本尊は鎌倉時代につくられた十一面観音で、国の重要文化財に指定されています。
806年(大同元年)空海により青龍寺として開基されました。観音堂を始め九十九坊が建てられていたといわれます。大干ばつ大飢饉の年に住職千観上人の祈祷で雨が降り、龍神に勝ったという意味から「勝龍寺」と改名されました。

02img_1769

03img_1753

04img_1756

05img_1757

06img_1759

07img_1760

08img_1761

09img_1762

10img_1774

11img_1764

12img_1765

13img_1770

14img_1767

15img_1776

16_1

| | コメント (0)

2019年6月 3日 (月曜日)

京都洛西観音霊場 第三番札所【小塩山 十輪寺】

01img_1670

十輪寺は小塩山と号し天台宗に属し、ご本尊は延命地蔵菩薩です。
平安初期の歌人で六歌仙のひとり在原業平が、晩年この寺に隠棲したと伝えられ、業平寺(なりひらでら)とも呼ばれています。
また、境内裏山には、在原業平のお墓とされる「宝篋印塔」と、塩焼きの風情を楽しんだと云わる塩竈跡があります。
これで京都洛西観音霊場の1/3を制覇しました。

02img_1671

03img_1669

04img_1672

05img_1673

06img_1674

07img_1705

08img_1676

09img_1677

10img_1678

11img_1681

12img_1682

13img_1704

14img_1686

15img_1687

16img_1688

17img_1690

18img_1679

19img_1703

20img_1698

21img_1696

22img_1699

23img_1701

24

| | コメント (0)