カテゴリー「西国三十三所巡礼」の投稿

2019年1月 3日 (木曜日)

西国三十三所 第十二番札所【岩間山 正法寺(岩間寺)】

01img_0483_2

岩間山 正法寺(岩間寺)(https://www.saikoku33.gr.jp/place/12)

正法寺は岩間山と号しる真言宗醍醐派に属し、ご本尊は千手観音です。
養老6年(722年)、泰澄が岩間山中の桂の大樹から千手陀羅尼を感得し、その桂の木で等身の千手観音像を刻んで、元正天皇の念持仏である金銅千手観音像をその胎内に納め祀ったのが寺の初めとされ、ぼけ封じ近畿十楽観音霊場第四番札所でもあります。


02img_0530_2


03img_0484


04img_0485


05img_0487


06img_0488_2


07img_0489


08img_0491


09img_0526_2


10img_0528_2


11img_0492_2


12img_0502


13img_0494_2


14img_0495


15img_0496


16img_0499


17img_0503


18img_0517


19img_0504


20img_0506


21img_0507


22img_0508


23img_0511


24img_0513


25img_0514


2018年12月 6日 (木曜日)

西国三十三所 第九番札所【興福寺 南円堂】

01img_0383

興福寺 南円堂(https://www.saikoku33.gr.jp/place/9)
 
興福寺南円堂は藤原冬嗣が弘仁4年(813年)に創建した八角堂で、現在の建物は寛政元年(1789年)の再建されました。ご本尊は不空羂索観世音菩薩です。興福寺には南円堂の他に、五重塔、三重塔、北円堂、東金堂などの数多くの国宝や重要文化財があり、中金堂は平成30年(2018年)に再建され、創建当時の様式で再現されました。

02img_0385


03img_0380


04img_0382


05img_0375


06img_0377


07img_0379


08img_0409


09img_0401


10img_0402


11img_0407


12img_0389


13img_0391


14img_0393


15img_0395


16img_0349


17img_0351


18img_0354


19img_0357


20img_0359


21img_0360


22img_0374


23img_0410


24img_0412


25img_0413


26img_0416


2018年11月 4日 (日曜日)

西国三十三所 第十五番札所【新那智山 今熊野観音寺】

01img_0127

新那智山 今熊野観音寺(https://www.saikoku33.gr.jp/place/15)

今熊野観音寺は新那智山と号して真言宗泉涌寺派に属し、ご本尊は十一面観世音菩薩です。
空海が唐で真言密教を学んで帰国した翌年にあたる大同2年(807年)、自ら一尺八寸の十一面観音菩薩像を刻み熊野権現から授かった一寸八分の像をその体内仏として中に納め、この地に一宇を建てて奉安したのが当寺の始まりであるとされています。
厄除開運の寺として知られ特に頭痛・病気封じ・智恵授かりの霊験あらたかな本尊として広く信仰されています。
訪れた11月4日はお隣の泉涌寺で「解脱金剛御年祭」が行われていた為、周辺はすごい人で溢れかえっていました。

02img_0137


03img_0205


04img_0139


05img_0141


06img_0144


07img_0146


08img_0149


09img_0202


10img_0148


11img_0150


12img_0199


13img_0155


14img_0156


15img_0197


16img_0193


17img_0171


18img_0158


19img_0161


20img_0167


21img_0168


22img_0162


23img_0165


24img_0170


25img_0173


26img_0174


27img_0175


28img_0178


29img_0180


30img_0184


31img_0191


32img_0189


33img_0192


34img_0198


2018年10月 8日 (月曜日)

西国三十三所 第五番札所【紫雲山 葛井寺】

01dscf4569

紫雲山 葛井寺(https://www.saikoku33.gr.jp/place/5)

葛井寺は紫雲山と号して真言宗御室派に属し、ご本尊は十一面千手千眼観世音菩薩です。
寺伝によると神亀2年(725年)、聖武天皇の勅願で行基が創建し古子山葛井寺の勅号を得たとされ、平安時代になって平城天皇の皇子・阿保親王が再興したとされています。
ご本尊の千手千眼観世音菩薩は、唐招提寺、三十三間堂とともに三観音として有名な秘仏で、毎月十八日に開扉されその美しさは人々を魅了ています

02p_20181008_094829_vhdr_auto_hp


03p_20181008_102718_vhdr_auto_hp


04dscf4574


05p_20181008_095437_vhdr_auto_hp


06p_20181008_095637_vhdr_auto_hp


07dscf4581


08dscf4584


09dscf4586


10dscf4588


11p_20181008_101022_vhdr_auto


12p_20181008_101307_vhdr_auto_hp


13p_20181008_095903_vhdr_auto_hp


14p_20181008_102255_vhdr_auto_hp


15p_20181008_100402_vhdr_auto_hp


16p_20181008_102431_vhdr_auto_hp


17dscf4575


2018年9月16日 (日曜日)

西国三十三所 第二十二番札所【補陀洛山 総持寺】

01p_20180916_101319_vhdr_auto_hp

補陀洛山 総持寺(https://www.saikoku33.gr.jp/place/22)
総持寺は補陀洛山と号して高野山真言宗に属し、ご本尊は千手観音です。
漁師が捕えた大亀を、開基藤原山蔭の父・藤原高房が今日は観音様の縁日だからと買い取って逃がしてやりました。その日の夜、継母の計略で山蔭は船から川に落とされてしまいます。高房はこれを悲しみ観音様に祈ったところ、高房が助けた亀が山蔭を甲羅に乗せて現れたそうです。高房の死後、山蔭が報恩のため観音像を造立し祀ったのが総持寺の起源だそうです。

02p_20180916_101510_vhdr_auto_hp


03dscf4507


04p_20180916_101720_vhdr_auto_hp


05dscf4545


06dscf4511


07dscf4513


08dscf4512


09dscf4514


10dscf4515


11p_20180916_103021_vhdr_auto_hp


12p_20180916_103309_vhdr_auto_hp


13dscf4526


14dscf4524


15dscf4522


16dscf4546


17dscf4529


18dscf4532


19dscf4534


20p_20180916_105927_vhdr_auto_hp


2018年8月11日 (土曜日)

西国三十三所 第三十番札所【巌金山 宝厳寺】

01dscf4458

盆休みの帰省ラッシュの中、西国三十三所 第三十番札所 宝厳寺にお参りに行きました。
自宅を7時に出発し、大山崎ICから京滋バイパス-名神高速-北陸自動車道の長浜IC経由で、長浜港に到着し、
9時45分発の竹生島行きの観光船に乗船です。

02dscf4457


03dscf4411


04dscf4414


05dscf4415


06dscf4454


07dscf4417


08dscf4418


09dscf4421


10dscf4422

巌金山 宝厳寺(https://www.saikoku33.gr.jp/place/30)

宝厳寺は巌金山と称し真言宗豊山派に属し、ご本尊は弁才天(札所本尊は千手観音)です。
神亀元年(724)聖武天皇が、夢枕に立った天照皇大神より「江州の湖中に小島がある。その島は弁才天の聖地であるから、寺院を建立せよ。すれば、国家泰平、五穀豊穣、万民富楽となるであろう」というお告げを受け、創行基を勅使にとしてつかわし、堂塔を開基させたのが始まりです。

11dscf4423


12dscf4425


13dscf4426


14dscf4432


15dscf4433


16dscf4435


17dscf4438


18dscf4439


19dscf4443

平成25年度から平成30年度までの6ケ年継続事業で、宝厳寺唐門、観音堂、渡廊(舟廊下)の屋根葺(檜皮葺)の葺き替え、彩色・漆塗の塗り直し、および飾金具の金箔の押し直しを主な内容とした改修工事が行われています。

20dscf4444


21dscf4445


22dscf4446


23dscf4449


24dscf4451


25dscf4450


26dscf4452


2018年6月 3日 (日曜日)

西国三十三所 第八番札所 【豊山 長谷寺】

01dscf4207

豊山 長谷寺(http://www.saikoku33.gr.jp/place/8)
長谷寺は豊山と称し真言宗豊山派に属し、ご本尊は十一面観音です。
寺伝によれば、朱鳥元年(686年)僧の道明が初瀬山の西の丘(現在、本長谷寺と呼ばれている場所)に三重塔を建立し、続いて神亀4年(727年)僧の徳道が東の丘(現在の本堂の地)に本尊十一面観音像を祀って開山したと云われています。
3月1日(木)から6月30日(土)まで、春季特別拝観(入山料込みで1,300円)が実施されており、普段は関係者以外立ち入りが禁止されている国宝本堂の中に入ることができ、10mを超える大きな観音さまのお御足に直接触れてお参りできます。

02dscf4209


03dscf4210


04dscf4211


05dscf4212


06dscf4213


07dscf4216


08dscf4227


09dscf4219


10dscf4229


11dscf4234


12dscf4238


13dscf4239


14dscf4240


15dscf4241


16dscf4243


17dscf4248


18dscf4249


19dscf4276


20dscf4275


21dscf4252


22dscf4253


23dscf4254


24dscf4255


25dscf4259


26dscf4263


27dscf4260


28dscf4267


29dscf4270


30dscf4274


31dscf4279


32dscf4281


33dscf4286


34dscf4288


35dscf4289_2


36img_20180603_124411


37dscf4291


38dscf4295


39dscf4296


40dscf4298


41dscf4299


42dscf4302


2018年5月 4日 (金曜日)

西国三十三所 第十番札所 【明星山 三室戸寺】

01dscf4129

明星山 三室戸寺(http://www.saikoku33.gr.jp/place/10)
三室戸寺は明星山と称しに属し、ご本尊は千手観音です。

02dscf4127

寺伝によれば、宝亀元年(770年)光仁天皇の勅願により南都大安寺の僧行表が創建したものと云われています。
ご本尊の千手観音像は厳重な秘仏で、写真も公表されていません。本尊厨子の前に立つ「お前立ち」は飛鳥様式の二臂の観音像でありながら「千手観音」と称されています。

03dscf4058


04dscf4059


05dscf4064


06dscf4063


07dscf4065


08dscf4066


09dscf4094


10dscf4068


11dscf4070


12dscf4073


13dscf4071


14dscf4075


15dscf4080


16dscf4076


17dscf4081


18dscf4082


19dscf4083


20dscf4092


21dscf4088


22dscf4086


23dscf4093


24dscf4124


25dscf4095

庭園「与楽園「は5000坪の広さで、枯山水・池泉・広庭からなり、5月は2万株のツツジ、1千本のシャクナゲ、6月は1万株のアジサイ、7月はハスの名所です。

26dscf4099


27dscf4102


28dscf4107


29dscf4109


30dscf4113


31dscf4116


32dscf4121


2018年4月 1日 (日曜日)

西国三十三所 第十三番札所 【石光山 石山寺】

01dscf3869

石光山 石山寺(http://www.saikoku33.gr.jp/place/13)
石山寺は石光山と称し東寺真言宗に属し、ご本尊は如意輪観音です。
『石山寺縁起絵巻』によれば、聖武天皇の発願により、天平19年(747年)良弁僧正が聖徳太子の念持仏であった如意輪観音をこの地に祀ったのがはじまりとされています。
本堂は国の天然記念物の珪灰石という巨大な岩盤の上に建っており、これが寺名の由来ともなっています。
石山寺には古来より文学者が多く参詣されました。中でも紫式部が「源氏物語」を石山寺に参籠中に起筆したという伝説は有名です。

02dscf3870


03dscf3872


04dscf3873


05dscf3874


06dscf3876


07dscf3877


08dscf3882


09dscf3885


10dscf3887


11dscf3890


12dscf3891


13dscf3892


14dscf3893


15dscf3896


16dscf3899


17dscf3903


18dscf3904


19dscf3910


20dscf3913


21dscf3915


22dscf3924


23dscf3926


24dscf3932


25dscf3933


26dscf3939


27dscf3941


28dscf3944


29dscf3945


2018年3月 5日 (月曜日)

西国三十三所 第三番札所 【風猛山 粉河寺】

01dscf3734

風猛山 粉河寺(http://www.saikoku33.gr.jp/place/3)
粉河寺は風猛山と号し天台宗系の粉河観音宗に属し、ご本尊は千手千眼観音菩薩です。

02dscf3735

伝承によれば創建は宝亀元年(770年)、大伴孔子古(おおとものくじこ)によるとされます。
鎌倉時代には七堂伽藍が整い隆盛をきわめましたが、天正13年(1585年)豊臣秀吉は、天下統一の望みを達成するため、紀州攻めを敢行し、根来寺を中心に一帯は火の海と化し粉河寺も全山焼失しました。
現在の諸堂は何れも江戸時代の再建であり、西国に三十三所の中では最も大きい本堂を初め、千手堂・大門・中門の4棟は重要文化財に指定されています。

03dscf3737


04dscf3738


05dscf3740


06dscf3768


07dscf3739


08dscf3741


09dscf3743


10dscf3744


11dscf3746


12dscf3752


13dscf3755


14dscf3762


15dscf3770


2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ