和歌山県のええとこ

2013年11月21日 (木曜日)

和歌山城

577511_547988281944339_1868456991_n
 
折角、和歌山に来たのだから和歌山ラーメンを頂いた後に和歌山城を訪れました。
夕日に映えるお城は綺麗でした(^-^)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年8月18日 (土曜日)

高野山 奥之院(おくのいん)

Dscf874917

奥の院参道に沿って並ぶ石塔の数は10万基とも20万基とも言われ、皇族から名もない人々まで、あらゆる階層の人々が競ってここに墓碑を建立しました。日本古来の信仰では、山中は「他界」で、死後の魂の行くところでした。高野山周辺には、人が死ぬとその人の頭髪を奥の院に納める「骨上せ」(こつのぼせ)という風習があります。こうした古来の山岳信仰に、弘法大師の永眠する土地に墓碑を建てたいという人々の願いが加わって、この石塔群が形成されたものと思われます。

Dscf874918
 
Dscf874919

【奥州 仙台 伊達家墓所】

Dscf874920

【薩摩 島津家墓所】

Dscf874921

【山口 毛利家墓所

Dscf874922

【武田信玄・勝頼墓所】

Dscf874923

【伊達正宗墓所】

Dscf874924

【石田三成墓所】

Dscf874925

【豊臣家墓所】

Dscf874926
 
Dscf874927
 
【織田信長墓所】
 
Dscf874928

寺院群の東端にある一の橋から二の橋を経て御廟橋を渡ると空海入定(にゅうじょう)の地とされる奥の院です。一番奥には空海が今も瞑想されている御廟があり、その手前には信者が供えた無数の灯明がゆらめく燈篭堂があります。空海は62歳の時、座禅を組み、手には大日如来の印を組んだまま永遠の悟りの世界に入り、今も高野山奥の院で生きていると信じている人もいるそうです。「死去」「入寂」「寂滅」などといわず「入定」というのはそのためでだそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

高野山 壇上伽藍(だんじょうがらん)

Dscf874910

高野山内の西寄り、金堂、根本大塔、西塔、御影堂などの立ち並ぶ画で、総本山金剛峯寺が管理しています。ここは、空海が在世中に堂宇を営んだところで、現在の諸堂塔は大部分が江戸時代後期から昭和時代の再建ですが、真言密教の道場としての高野山の中核となる部分です。

Dscf874911

【東塔】
1984年に再建されました。

Dscf874912

【根本大塔】
金堂の右後方にある多宝塔(1階平面が方形、2階平面が円形の二重塔)。1937年(昭和12年)、空海入定1,100年を記念して再建したもので、鉄筋コンクリート造です。内部には中央に胎蔵界大日如来像、その四方に金剛界四仏が安置されています。

Dscf874913

塔内の柱などに描かれた仏画は堂本印象の筆です。本来別々の密教経典に説かれている「胎蔵界」の仏像と「金剛界」の仏像を一緒に安置するのは異例ですが、これは、両者は根本的には1つだという、空海の思想を表したものといい、「根本大塔」という建物名もこれに由来するといいます。

Dscf874915

【金堂】
昭和元年(1926年)に焼失後、昭和7年(1932年)に再建された鉄筋コンクリート造の建築で、屋根は入母屋造です。本尊阿閦如来(あしゅくにょらい)像は高村光雲の作。1926年の焼失時、堂内には旧本尊阿閦如来像(薬師如来と同体ともいう)を始め7体の仏像が安置されていましたが、堂と共に焼失しました。旧本尊像は公開されたことのない秘仏であったため、写真も残されておらず、どのような像であったかは永遠に不明となりました。

Dscf874916

【六角経蔵】
別名荒川経蔵。1933年に建立されました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

高野山 金剛峯寺(こんごうぶじ)

Dscf87491

金剛峯寺(こんごうぶじ)は、和歌山県伊都郡高野町高野山にある高野山真言宗総本山の寺院です。

高野山は、和歌山県北部、周囲を1,000m級の山々に囲まれた標高約800mの平坦地に位置し、100ヶ寺以上の寺院が密集する、日本では他に例を見ない宗教都市である。京都の東寺と共に、真言宗の宗祖である空海(弘法大師)が宗教活動の拠点とした寺であり、真言密教の聖地、また、弘法大師信仰の山として、21世紀の今日も多くの参詣者を集めています。2004年7月、ユネスコの世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」の一部として登録されました。(Wikipediaより)

Dscf87492
 
Dscf87493
 
Dscf87494
 
Dscf87495
 
Dscf87496
 
Dscf87497
 
Dscf87498
 
Dscf87499
 

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|