カテゴリー「京都府のええとこ」の投稿

2023年1月26日 (木曜日)

西大路七福社 ご利益めぐり ~その2~

49scn1674018923384

新春に西大路沿線に祀られた七社に参拝して朱印を受ける行事「西大路七福社 ご利益めぐり」
元旦から2月末日迄の朝9時より夕方5時まで開催されています。
最初に参拝した神社で集印用専用色紙を500円で受取り、各社500円でご朱印を頂きます。
最後に参拝した神社では、記念品の「干支置物」が頂けます。
二回目は、大将軍八神社、熊野神社衣笠分社を巡りました。

50scn1674019035919

01img_9679

方除
大将軍八神社

02img_9680

03img_9681

04img_9682

05img_9683

06img_9684

07img_9685

08img_9686

09img_9688

10img_9689

11img_9690

12img_9691

13img_9692

14img_9694

15img_9695

16img_9696

17img_9697

18img_9698

19img_9700

20img_9702

21img_9703

22img_9705

健康長寿
熊野神社衣笠分社

23img_9706

24img_9707

25img_9708

26img_9709

27img_9710

28img_9711

29img_9712

30img_9713

31img_9714

32img_9715

33img_9716

34-37988

35_20230126134501

| | コメント (0)

2023年1月18日 (水曜日)

西大路七福社 ご利益めぐり ~その1~

49scn1674018923384

新春に西大路沿線に祀られた七社に参拝して朱印を受ける行事「西大路七福社 ご利益めぐり」
元旦から2月末日迄の朝9時より夕方5時まで開催されています。
最初に参拝した神社で集印用専用色紙を500円で受取り、各社500円でご朱印を頂きます。
最後に参拝した神社では、記念品の「干支置物」が頂けます。

今回は手始めに、吉祥院天満宮、若一神社、西院春日神社を巡りました。

50scn1674019035919

01img_9614

知恵と能力開発
吉祥院天満宮

02img_9615

03img_9618

04img_9619

05img_9620

06img_9622

07img_9623

08img_9624

09img_9625

10img_9627

11img_9629

12img_9630

13img_9631

14img_9634

15img_9635

16img_9636

17img_9637

18img_9638

19img_9639

20img_9641

開運出世
若一神社

21img_9642

22img_9644

23img_9645

24img_9646

25img_9647

26img_9648

27img_9649

28img_9650

29img_9651

30img_9652

31img_9653

32img_9654

33img_9655

34img_9656

35img_9658 36img_9660

37img_9661

38img_9666

災病厄除
西院春日神社

39img_9667

40img_9668

41img_9669

42img_9670

43img_9671

44img_9672

45img_9674

46img_9675

47img_9676

48-37579

| | コメント (0)

2022年11月28日 (月曜日)

小倉山 二尊院(にそんいん)

01img_9357

二尊院は小倉山と号し天台宗の寺院で、ご本尊は釈迦如来と阿弥陀如来です。
東平安時代初期の承和年間(834年~847年)、嵯峨天皇の勅により円仁(慈覚大師)が建立したと伝われています。
総門を入った「紅葉の馬場」と呼ばれる参道は、紅葉の名所として知られ、また奥には小倉百人一首ゆかりの藤原定家が営んだ時雨亭跡と伝わる場所があります。
紅葉のピークは過ぎていますが、まだまだ楽しめると思います。
拝観料は大人500円、御朱印はこの時期は全て書置きで500円。駐車場は止めれる台数は少ないですが、無料なのが嬉しいです。

02img_9358

03img_9413

04img_9359

05img_9360

06img_9361

07img_9362

08img_9364

09img_9366

10img_9368

11img_9369

12img_9371

13img_9372

14img_9373

15img_9376

16img_9377

17img_9378

18img_9380

19img_9381

20img_9382

21img_9383

22img_9385

23img_9386

24img_9387

25img_9388

26img_9389

27img_9390

28img_9391

29img_9393

30img_9394

31img_9399

32img_9400

33img_9401

34img_9403

35img_9404

36img_9407

37img_9408

38img_9409

39img_9410

40

| | コメント (0)

2022年11月10日 (木曜日)

式内社 愛宕神社(あたごじんじゃ)

01img_9257

愛宕神社のご祭神は、火産霊神、伊邪那美神、大国主神です。
社伝によると愛宕山の愛宕神社はこの神社からの勧請のため、「元愛宕」や「愛宕の本宮」とも称されます。
「愛宕の三つ参り」として、3歳までに参詣すると一生火災に遭わないとして信仰されています。
宮司さんが病気療養中の為、社務所は土・日・祝日の午前中のみ開けているとの事で、残念ながら御朱印は頂けませんでした。

02img_9258

03img_9236

04img_9237

05img_9238 06img_9239

07img_9240 

08img_9241

09img_9242

10img_9243

11img_9244

12img_9245

13img_9246

14img_9247

15img_9249

16img_9251

17img_9250

18img_9252

19img_9254

20img_9255

21img_9256

22img_9260

| | コメント (0)

2022年10月22日 (土曜日)

式内社 木嶋坐天照御魂神社(このしまにますあまてるみたまじんじゃ)

01img_9125

木嶋坐天照御魂神社のご祭神は、天之御中主神、大国魂神、穂々出見命、鵜茅葺不合命、瓊々杵尊です。
通称は「蚕の社(かいこのやしろ」。古くから祈雨の神として信仰された神社であり、境内には珍しい三柱鳥居があります。
この三柱鳥居(みはしらとりい)は柱3本を三角形に組み、3方から中心の神座を拝することを可能とする珍しい形式の鳥居で、「京都三鳥居」の1つです。

02img_9126

03img_9128

04img_9127

05img_9130

06img_9132

07img_9133

08img_9134

09img_9135_20221022214601

10img_9137

11img_9138

12img_9139

13img_9144

14img_9141

15img_9143

16img_9145

17img_9146

18img_9147

19img_9148

20img_9150

| | コメント (0)

蜂岡山 広隆寺(こうりゅうじ)

01img_9093

広隆寺は蜂岡山と号し天真言宗系単立の寺院で、ご本尊は聖徳太子です。
東映太秦映画村で有名な太秦に所在しますが、創建当初からこの地にあったものかどうかは未詳で、7世紀前半に今の京都市北区平野神社付近に創建され、平安遷都前後に現在地に移転したという説が有力だそうです。
拝観料は境内無料ですが、霊宝殿は大人800円です。また、御朱印は頂けますが日付以外はスタンプ(有名な高僧直筆の)です。

02img_9095

03img_9096

04img_9097

05img_9098

06img_9099

07img_9100

08img_9103

09img_9104

10img_9106

11img_9107

12img_9108

13img_9109

14img_9110

15img_9113

16img_9114

17img_9115

18img_9116

19img_9117

20img_9118

21img_9119

22img_9120

23img_9121

24img_9122

25img_9123

26_20221022193701

| | コメント (0)

2022年10月 6日 (木曜日)

長岡天満宮 いろどりご朱印

Scn16650257

秋のご朱印は「紅葉」です。
今年1月から始まった「季節の彩り~限定御朱印~」
4種類コンプリートです。

| | コメント (0)

2022年7月11日 (月曜日)

出雲大社 京都分院(いずもたいしゃ きょうとぶんいん)

01img_8189

出雲大社のご祭神は、大国主命です。
出雲大社教の一分院として、京都市内より平成5年に亀岡に遷宮造営された「縁結びの神」「福の神」として知られる出雲大社の祭神・大国主大神の分霊を祀る神社です。

02img_8190

03img_8191

04img_8192

05img_8193

06img_8194

07img_8195

09img_8196

10img_8197

08img_8201

11img_8198

12img_8203

13_20220711120301

| | コメント (0)

2022年7月 6日 (水曜日)

長岡天満宮 いろどりご朱印

292413400_5219395581470229_2939773269306

夏のご朱印は「新緑の社」です。

| | コメント (0)

2022年6月27日 (月曜日)

別格官幣社 建勲神社(たけいさおじんじゃ)

01img_8153

建勲神社のご祭神は、織田信長です。
正しくは「たけいさおじんじゃ」と読みますが、一般的には「けんくんじんじゃ」と呼ばれています。
1869年(明治2年)11月8日、「日本が外国に侵略されなかったのは、天下統一をめざして日本を一つにまとめた信長のおかげ」として、戦国時代を統一し、朝儀復興などを進めた織田信長を賛えるため、創建が明治天皇により決定され、翌1870年(明治3年)10月17日、「建勲」の神号を賜り造営されました。
6月19日より夏越大祓の茅の輪守りの頒布(300円 6月下旬限定)を開始されました。また、6月30日(木)17時半より、大鳥居前にて夏越大祓式が、18時より茅の輪神事が斎行されます。

02img_8154

03img_8158

04img_8160

05img_8161

06img_8163

07img_8164

08img_8165

09img_8167

10img_8168

11img_8169

12img_8170

13img_8171

14img_8172

15img_8173

16img_8174

17img_8175

18img_8176

19img_8182

20img_8184

21img_8185

22img_8186

23img_8188

24_20220627135201

| | コメント (0)

より以前の記事一覧