« 今日の朝ごはん | トップページ | 自宅ランチ »

摂津国八十八ヶ所 第八番札所 大聖山 不動寺

01img_3532

不動寺は大聖山と号し真言宗醍醐派の寺院で、ご本尊は五大明王です。
寺伝によると、空海が弘仁年間(810年~824年)に諸国巡礼を行っている最中、摂津国西生郡北野村(現・大阪市北区兎我野町)の地で七光の石を発見し、その石をもって五輪宝塔を作り不動明王を表す梵字を刻んだと云います。
その宝塔を安置する堂を建て不動堂としたのが起源であるとされています。
1966年(昭和41年)に豊中市宮山に移転しましたが、護摩堂や、白鹿堂、太平洋戦争での戦死者を祀る英霊堂は移転前の建物を解体し移築したものですが、本堂は鉄筋コンクリートでモダンな建物です。

02img_3533

03img_3534

04img_3535

05img_3536

06img_3537

07img_3538

08img_3539

09img_3540

10img_3542

11img_3543

12img_3545

13img_3546

14img_3547

15img_3548

16img_3549

17img_3550

18img_3551

19img_3552

20img_3553

21img_3554

22img_3555_20240621125501

23img_3556

24img_3557

25img_3558

26img_3559

27img_3561

28img_3562

29img_3563

30img_3564

31img_3566

32img_3567

33img_3568

34_20240621125501

|

« 今日の朝ごはん | トップページ | 自宅ランチ »

摂津国八十八ヶ所」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 今日の朝ごはん | トップページ | 自宅ランチ »