« 今日の朝ごはん | トップページ | 自宅ランチ »

2019年12月 9日 (月曜日)

西国七福神巡り 第一番霊場 東光院 萩の寺【毘沙門天】

01img_2992

東光院は仏日山吉祥林と号し曹洞宗の寺院で、ご本尊は薬師如来です。
境内の随所に萩が植えられているため「萩の寺」とも称され、新西国三十三箇所第12番札所です。
阪急電鉄の創始者 小林一三により大正3年から始められた「阪急沿線 西国七福神巡り」の第一番霊場でもあり、勝運出世の神である毘沙門天が祭られています。
また、元和3年(1617)、大阪の天満川崎に造営された「川崎東照宮」の「瑠璃殿(現地蔵堂)」が明治6年に当地へ移されました。
その為、徳川家の家紋である「葵紋」が随所に見かけられます。

02img_2995

03img_2986

04img_2987

05img_2988

06img_2956

07img_2957

08img_2958

09img_2959

10img_2960

11img_2961

12img_2966

13img_2969

14img_2972

15img_2973

16img_2975

17img_2976

18img_2977

19img_2978

20img_2979

21img_2981

22img_2982

23p_20191209_122927_vhdr_on_hp

24p_20191209_122946_vhdr_on_hp

25p_20191209_123003_vhdr_on_hp

Photo_20191209134801

|

« 今日の朝ごはん | トップページ | 自宅ランチ »

西国七福神巡り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 今日の朝ごはん | トップページ | 自宅ランチ »