« 道の駅 くちくまの | トップページ | 西国三十三所 第二番札所 【紀三井山 金剛宝寺(紀三井寺】 »

紀州東照宮(きしゅうとうしょうぐう)

01dscf3675

ご祭神は江戸幕府初代将軍徳川家康を神格化した東照大権現と紀州藩初代藩主徳川頼宣を神格化した南龍大神。
元和7年(1621年)に徳川家康の十男である紀州藩祖徳川頼宣により南海道の総鎮護として創建され、関西の日光とも称されています。
本殿および拝殿は国の重要文化財で、権現造りの建物には左甚五郎作の彫刻や狩野探幽作の壁画が見られます。

02dscf3676

03dscf3677

04dscf3679_2

05dscf3680

06dscf3681

07dscf3683

08dscf3684

09dscf3686

10dscf3690

11dscf3687

12dscf3692

13dscf3694

14dscf3695

15dscf3696

 

 

 

|

« 道の駅 くちくまの | トップページ | 西国三十三所 第二番札所 【紀三井山 金剛宝寺(紀三井寺】 »

和歌山県のええとこ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 紀州東照宮(きしゅうとうしょうぐう):

« 道の駅 くちくまの | トップページ | 西国三十三所 第二番札所 【紀三井山 金剛宝寺(紀三井寺】 »