« Tigers試合結果 | トップページ | 霊岡山 妙浄寺(みょうじょうじ) »

2012年7月18日 (水曜日)

神南備の森跡(かんなびのもりあと)

Dscf85971

この辺りから北は、地名を「神内」(こうない)といい、古代和歌に詠まれた「神南備の森」がこの地にあり、神南備の音が、年月の経過とともに変化したといわれます。

Dscf85972

「かんなび」とは、神の宿る所との意味で、和銅4年(711)設置とされる山陽道の官駅・大原駅があったと推定され、平安時代には、京から西国に下る人々の別離の地であったといいます。

Dscf85973

古今集の歌人、源実は、その前書きで「神なひの森まで送りに・・・別れ惜しみけるに・・・」と記し、別離の様子を「人やりの道ならなくに大方は、行き鬱しと言いていざ帰りなん」(巻第八)と詠んでいます。

Dscf85974

南北時代には、幾度となく戦の舞台となったこの一帯も、近世になると、西国街道は山崎通として整備され、梶原には一里塚や旅籠、茶店が設けられて、多くの人が行き交いました。

Dscf85975

しかし、明治9年(1876)の東海道本線開通に伴う鉄道敷設工事で「森」は姿を消し、今は、上牧町二丁目の春日神社に合祀された神南備神社の名に、当時を偲ぶほかありません。

Dscf85976

このトンネルの基礎部分には高槻城の石垣が使われています。

|

« Tigers試合結果 | トップページ | 霊岡山 妙浄寺(みょうじょうじ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136788/55223522

この記事へのトラックバック一覧です: 神南備の森跡(かんなびのもりあと):

« Tigers試合結果 | トップページ | 霊岡山 妙浄寺(みょうじょうじ) »