« サンクスのポリンまん | トップページ | 一番ラーメンの日替わり定食 »

2012年2月19日 (日曜日)

芥川のトロッコ列車(土汽車)

P10702981
 
高槻市郡家本町の芥川に残っているトロッコ列車(土汽車)の鉄橋の基礎です。
 
P10702982
 
大正6年(1917)10月1日午前8時40分、大塚の堤防が台風による連日の大雨により決壊し、高槻町(現在の高槻市)に甚大な被害をもたらしました。これが世に言う「大塚切れ」です。
 
P10702983
 
その後も淀川の氾濫は続き、昭和15年(1940)高槻市大塚周辺で堤防工事が始まり、大蔵司にあった工兵第四連隊の演習場はその土砂採取場となり、芥川の堤防上にレールが敷かれトロッコ列車(土汽車)によって土砂は淀川まで運ばれました。
 
P10702984
 
戦後、土砂を採取された演習場は南平台住宅地として開発されたり、高槻市立第二中学校の敷地となりました。
 
P10702985
 
いつ頃まで活躍していたかはわかりませんが、昭和31年(1956)第二中学校のすぐ裏にはまだ土汽車が走っていたと言う記録が残っています。
 
P10702986
 

|
|

« サンクスのポリンまん | トップページ | 一番ラーメンの日替わり定食 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136788/54022317

この記事へのトラックバック一覧です: 芥川のトロッコ列車(土汽車):

« サンクスのポリンまん | トップページ | 一番ラーメンの日替わり定食 »