« 大石眼科医院 | トップページ | 味のマルタイ 高菜ラーメン とんこつ味 »

2011年2月 3日 (木曜日)

史跡 名勝 八丁松原(はっちょうまつばら)

P10505831

八丁松原は、高槻城下の京口から西国街道に至る八丁(約900m)の間に続いた松並木で、江戸時代初期の慶安2年(1649)、高槻城主永井直清によって整備されました。

P10505832

正式には「山崎通(やまざきみち)」と呼ばれた西国街道は、京都と西国を結ぶ重要な交通路であり、八丁松原は京坂間の要衝高槻城とを結ぶ最短の道筋でした。

P10505833

最盛期には数百本の松が連なり、「小天橋(しょうてんきょう)の如し」と称えられた八丁松原も、明治時代以降は東海道線や新京阪(現・阪急電鉄)の開通、道路の拡幅等によって、松並木の片側を残すだけとなりました。

P10505834

そして今では、松原公園の僅かな老松が往時の面影を留めているに過ぎません。

P10505835

P10505836

P10505837

|

« 大石眼科医院 | トップページ | 味のマルタイ 高菜ラーメン とんこつ味 »

高槻市・島本町のええとこ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 史跡 名勝 八丁松原(はっちょうまつばら):

« 大石眼科医院 | トップページ | 味のマルタイ 高菜ラーメン とんこつ味 »