« Tigers試合結果 | トップページ | 海産物居酒屋「さくら水産」の日替わり定食 »

2010年4月29日 (木曜日)

天然たいやき 鳴門鯛焼本舗

天然たいやき 鳴門鯛焼本舗
 
天然たいやき 鳴門鯛焼本舗

先日新たにオープンした鯛焼き屋さんです。
 
天然たいやき 鳴門鯛焼本舗
 
焼き上がるのに時間がかかるのでしょうか。番号札をもらい待つ事三分。
 
天然たいやき 鳴門鯛焼本舗
 
北海道十勝産の最高級小豆を日本名水百選に数えられる大峰山の天然水で炊き上げられた「黒あん」と鳴門金時を使用した鳴門金時あんの二種で各140円です。

表面がカリカリサクサクの鯛焼き、美味しく頂きました。

|
|

« Tigers試合結果 | トップページ | 海産物居酒屋「さくら水産」の日替わり定食 »

コメント

たいやき
長いこと食べていません
しっぽの先まであんこが入っているほうが好きか否か賛否両論あります
入っていないほうが最後はあっさりするという方がいます
私はしっぽまでたっぷりとあんこが入っているほうが好きです

「御座候」のほうがよく食べますね
新大阪の構内でも売店がありますね
阪神百貨店(梅田)の店は昔も今も大盛況です 

投稿: 天和 | 2014年2月 4日 (火曜日) 午後 12時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136788/48218795

この記事へのトラックバック一覧です: 天然たいやき 鳴門鯛焼本舗:

« Tigers試合結果 | トップページ | 海産物居酒屋「さくら水産」の日替わり定食 »