« Tigers試合速報 | トップページ | 卒業式 »

2006年3月16日 (木曜日)

WBC対韓国戦、日本敗れる(読売新聞)

藤川(阪神)が2点適時打を浴びたのが阪神ファンにとっては肩身の狭いところだ^^;

【アナハイム(米カリフォルニア州)=荒井秀一】野球の国・地域別対抗戦「ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)」で15日、2次リーグ1組の日本は韓国に1―2で敗れた。

韓国は3戦全勝で同組1位となり、準決勝進出。日本は16日(日本時間17日)に米国がメキシコに敗れた場合だけ、失点率で2次リーグを突破する可能性がある。

日本は、先発の渡辺俊(ロッテ)が、韓国打線を六回まで1安打無失点と好投したが、八回、3番手の藤川(阪神)が2点適時打を浴びた。日本は九回、西岡(ロッテ)の本塁打で1点差としたが、及ばなかった。

日本は二回、二死二塁から里崎(ロッテ)が右前打したが、二塁走者の岩村(ヤクルト)が本塁で憤死。打線の不振が響いた。


[読売新聞社:2006年03月16日 16時56分]


リンク: NEWS@nifty



|

« Tigers試合速報 | トップページ | 卒業式 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136788/9117933

この記事へのトラックバック一覧です: WBC対韓国戦、日本敗れる(読売新聞):

« Tigers試合速報 | トップページ | 卒業式 »