« 吉野家の牛焼肉丼を食す | トップページ | ROUND 1 高槻店 »

牛肉履歴表示がスタート

Yahoo! Newsより

 国産牛に付けられた10けたの個体識別番号の表示を義務付ける「牛肉トレーサビリティー法」が1日、流通段階で施行され、スーパーや百貨店など小売店の精肉売り場や焼き肉店で本格的な取り組みが始まった。
 イトーヨーカ堂では今年6月からシステムを試験導入し、1日から全店で稼働した。ただ同日朝、木場店(東京)に訪れた買い物客は「知らなかった。番号でなく日本語で表示してもらいたい」などとしており、関心はいまひとつのようだ。
 精肉売り場の責任者は「輸入を含めた牛肉全体の販売は回復していない。安全のためここまでやっている、という安心感が与えられれば」と話していた。
(共同通信) - 12月1日11時34分更新
そうでしょうネ。
スーパーで買い物をする時に先ず確認するのは鮮度。
その次に価格。
そして消費期限。
国産牛肉を購入した後に自宅に帰ってインターネットでその牛が「いつ生まれ、どこで育ったか」を調べる人って少ないでしょうネ。
ましてや、焼き肉店で既に食べた牛の履歴を調べる人なんて皆無でしょう。

|

« 吉野家の牛焼肉丼を食す | トップページ | ROUND 1 高槻店 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 牛肉履歴表示がスタート:

» トレーサビリティー [ちょびっと日記]
10月30日の日記で書いた『第55回松阪肉牛共進会』が11月28日にあった。松阪肉牛共進会は出産前の雌で霜降りを特徴とする松阪牛を広めようと1949年に始まって... [続きを読む]

受信: 2004年12月 2日 (木曜日) 午前 07時49分

« 吉野家の牛焼肉丼を食す | トップページ | ROUND 1 高槻店 »